BLOGブログ
BLOG

デイサービスで生活相談員と介護職員の兼務は可能?

2021/05/01
デイサービスでは、生活相談員と介護職員の兼務はできるのでしょうか。生活相談員の配置基準や仕事内容についても見ていきます。

▼生活相談員と介護職員との兼務は可能
一定の基準を満たしていれば可能ですが、法令の「人員配置基準」を満たしている必要があります。

デイサービスでは、必要な人数のスタッフを必ず配置しなくてはなりません。

人員配置基準は施設ごとに異なりますが、通常はデイサービスでは1名以上の生活相談員が必要です。また生活相談員もしくは介護職員の常勤が、1名以上いることは必須です。

生活相談員になるには特定の資格などは必要ありません。介護の仕事は人手不足で、複数の仕事を兼務しているかたも少なくないのです。

▼生活相談員の仕事内容
生活相談員の仕事内容は幅広く、マルチな活躍を求められます。

・利用者や家族との相談
・施設内の職員やケアマネジャーとの連携
・介護職員のサポート
・窓口業務

このようにコミュニケーションを主とする仕事です。

生活相談員になるための資格はありませんが、一般的には「社会福祉士」や「精神保健福祉士」、「社会福祉主事任用資格」、「ケアマネジャー」が資格要件となります。

▼まとめ
生活相談員と介護職員との兼務は可能です。また生活相談員は幅の広い仕事内容も特徴です。もしデイサービスの利用に関してお困りのことがありましたら、遠慮なさらず生活相談員に相談してみてくださいね。