BLOGブログ
BLOG

デイサービスの利用条件や選び方のポイント

2020/09/01
今回はデイサービスの利用条件や選び方のポイントについてご紹介していきます。
▼デイサービスの利用条件
・デイサービスの施設の利用には、要介護認定が必要となります。
要支援1から要介護5までの8段階です。
■デイサービスを利用するにはケアプランが必要
デイサービスを利用するにはケアマネージャーにケアプランを作成してもらいましょう。
・施設の見学や体験利用
・ご自宅訪問
・契約の提携
・デイサービスの利用開始
▼デイサービスの料金の目安
■要介護1
・3時間~4時間未満:3,640円(自己負担額は364円)
・4時間~5時間未満:3,820円(自己負担額は382円)
■要介護2
・3時間~4時間未満:4,170円(自己負担額は417円)
・4時間~5時間未満:4,380円(自己負担額は438円)
■要介護3
・3時間~4時間未満:4,720円(自己負担額は472円)
・4時間~5時間未満:4,950円(自己負担額は495円)
■要介護4
・3時間~4時間未満:5,250円(自己負担額は525円)
・4時間~5時間未満:5,510円(自己負担額は551円)
■要介護5
・3時間~4時間未満:5,790円(自己負担額は579円)
・4時間~5時間未満:6,080円(自己負担額は608円)
▼選び方のポイント
デイサービスの選び方のポイントを紹介します。
・デイサービスの目的や条件をまとめる
どんなことに困っているか、送迎の時間の希望などを考えてみましょう。
また、どれくらいの利用者の人数が良いか、食事制限やアレルギーの対応などしてくれるかなども重要です。
・施設の見学や利用体験をする
目的や条件の合う施設が見つかれば、見学や利用体験をしましょう。
施設の雰囲気や職員のあいさつや対応などもチェックします。

説明や見学を受けて、利用者に合う納得のいくデイサービスを見つけましょう。