BLOGブログ
BLOG

小規模 デイサービスについて

2020/08/09
在宅の介護で利用したいサービスの1つがデイサービスですよね。
デイサービスは、本人の生活にメリハリなどの刺激を与えたり、家族の介護の負担を軽減したりすることができるサービスになります。
今回は小規模デイサービスについて詳しくご紹介していきたいと思います。

▼デイサービスの規模
前の年にその事業所を利用した1ヶ月あたりの延べ人数によってデイサービスの規模が決まります。
・通常規模のデイサービス→301名~750名
・小規模デイサービス→300名以下
・大規模デイサービスA→751名~900名
・大規模デイサービスB→901名以上

▼小規模デイサービスについて
1日の利用の店員は10人くらいまでになります。
スタッフとして働く方も、利用者を把握しやすくそれぞれの要求に合わせることも可能で、しっかりと向き合って働くことができます。
小規模であるのでスタッフの人数もそんなに多くなく、介護職員と看護職員それぞれ配置する必要もありません。
いずれか1人置けばいいということになっています。
事業所によっては、介護職やヘルパーであっても事務作業をしたり、管理職や生活相談員であっても介護の仕事をしたりと
色々な仕事を求められてくることもあります。

▼小規模デイサービスのメリット
・アットホームな雰囲気
・利用者とスタッフの距離が近い

小規模であれば、利用者それぞれに合わせたサービスを提供することも可能になってきます。

地域密着型の小規模デイサービス施設として、多くのご利用者様やご家族様に愛されています。
明るく健診的なスタッフの丁寧なケアは大変評判であり、アットホームな雰囲気の良い空間でご利用者様に楽しい時間を過ごして
いただけるように努力しています。
お気軽にお問合せ下さい!