BLOGブログ
BLOG

デイサービスのリハビリとは

2020/07/28
デイサービスのリハビリは、デイケア(通所リハビリテーション)と呼ばれています。
在宅を対象としている介護保険サービスの1つで、食事や入浴などの日常生活のサポートからリハビリまで受けることができます。
今回はデイサービスのリハビリ内容についてご紹介していきます。
▼デイサービスで行っているリハビリ内容
大きく2種類に分けられます。
・集団リハビリ
体や頭の体操、一人でできないトレーニングを数人体制で行います。
ストレッチやバランス力など種類は様々です。
・個別リハビリ
一人ひとりの状態に合わせてトレーニングマシンを使って、専門家の指導の下でリハビリを行います。
■デイケアのリハビリ以外で受けることができるサービス
・食事、入浴
・健康チェック
・送迎サービス
デイサービスと同じ内容となります。

▼デイケアでの過ごし方
デイケア利用者の過ごし方をまとめました。
■1日の利用の場合
午前中に入浴やリハビリを行うことがほとんどです。
入浴やリハビリまで時間は、パズルや塗り絵、少人数や1人で行う遊びをして過ごします。
昼食が食べ終わったら、集団リクリエーションをすることが多いです。
集団が苦手な人は個別で対応してくれるところもあります。
■短時間の利用の場合
短時間の利用だと、バイタルチェックが終わった後は、リハビリを主に行います。
リハビリのみの方が多いのが特徴です。

▼デイケアの開始までの流れ
・ケアマネジャーに相談
利用したい場合は、担当ケアマネに相談をする
・デイケアの見学
見学することができるので、見学や体験利用をしてから施設を決めていく
・担当医を受診する
施設を決め、担当医を受診して、書類を出してもらいデイケアへ提出
・面談を行う
面談をし、施設の利用ができるのか会議が行われる
・ケアプランを作成し、利用がスタートする
利用できると判断されたら、サービスが始まり、サービス利用のためケアプランを作成する

ご家族でデイケアの利用を考えている方は、気軽に電話にてご相談ください。