BLOGブログ
BLOG

要支援 1だとデイサービスは 回数利用できるのか?

2020/07/13

『家族の負担も考えてデイサービスを』とデイサービスの利用を検討される方も多いと思います。
そこで気になるところはその費用だと思います。
今回は「要支援 1」という一番軽い認定を受けた場合のデイサービスの内容を詳しくまとめていきますね。

▼デイサービスとは
デイサービスとは通所介護とも呼ばれ、日中を施設で過ごすことを指します。
もちろん介護レベルによって必要なリハビリがあれば、在籍しているリハスタッフにリハをしてもらうことが可能です。
最近のデイサービスでは利用者確保のためにコンセプトを設定しているところがほとんどです。
リハに力を入れているリハ特化型やレクレーション中心のレク特化型などがそれです。

▼デイサービスの利用条件
デイサービスが利用できる条件は2つあります。
・65歳以上…介護認定を受けている人
・40歳以上~64歳以下…特定疾患で介護が必要な人

この2つの条件以外の人はデイサービスを利用することができません。
また、介護レベルによって、通える回数も内容も決まっています。
今回は「要支援1」の場合を説明します。

▼要支援1とは
介護レベルには介護1~5、支援1,2の7つに区分することができます。
その中でも要支援に認定されると受けれるサービスは「介護予防サービス」が適用されます。
 
・認定基準
・日常生活必要な行為に助け(見守りや介助)を必要
・立ち上がる時や片足で立つ時に助けが必要
・排泄・食事を人の助けなしに自立している

・利用できるサービス
・訪問型サービス→週1回
・通所型サービス→週1回

つまり、要支援1だとデイサービスは週に1回しか利用できないというわけです。
送迎の関係もありますので、どの曜日に利用するかは施設と十分に相談をしましょう。